宝登山散策

2020年2月14日 万歩会2月例会は、16年前訪れた宝登山を再び訪れました。この日は時折陽が射し汗ばむほどの暖かな日でした。 ロウバイは見ごろで、梅もほころんだ宝登山をゆっくり楽しむことが出来ました。 年を重ね体力も衰えたので、今回はケーブルカーを使っての散策です。 参加者は5名と少なかったですが、和気あいあいの花旅でした…
コメント:0

続きを読むread more

イヌノフグリ咲く

2020年2月8日 環境省レッドデーターブックで絶滅危惧種Ⅱ類(UV)に指定されているイヌノフグリが咲きました。 青梅では、昔は石垣や畑の畔に普通に見られたとのこと。今では3~5㎜の小さな地味な花のこともあり人気がない。 我が家のイヌノフグリは御岳の住職が除草していたものを貰い受け、鉢で栽培していたものが所かまわず種を…
コメント:0

続きを読むread more

ようやく氷花咲く

2020年1月7日 立春を迎えようやく例年並みの寒さが訪れ、我が家の庭にやっとシモバシラの氷の小さな花が咲きました。 新型肺炎は患者も増えますが、完治し退院する方もこれから増えると思います。一日も早く治まることを祈ります。 例年なら今頃は氷花は終わりですが、昨夜の寒さでようやく咲きました。 今冬は冬景色は諦め、春の訪…
コメント:0

続きを読むread more

青梅草咲く

2020年2月4日 今年は豆まきを止めようかと思いましたが、昨年の厄を落とし新しい季節を迎えるため、「鬼は外・福は内」と大きな声で豆をまき立春を迎えました。福が来たのか、足の痛みも和らぎ松葉杖の歩行もスムーズに出来るようになりました。 立春を待っていたかのように青梅草が春の陽をうけ咲きました。 引きこもり生活から少しで…
コメント:0

続きを読むread more

骨折記念日に

2020年1月22日  昨年の今日、骨折し早一年経ったのに、完治への歩みは少し良くなったようだなと思えるくらいで、松葉杖の助けを借りないと歩けない日々が続いています。それでもある日何事も無かったように歩けるのではと期待しています。  人間は悲しいことや痛いことは忘れるようにできているのか、加齢によるのか分かりませんが、骨折時の記憶も…
コメント:0

続きを読むread more

花菖蒲師「瀧瀬健太郎氏」のご冥福をお祈りいたします

2019年1月23日  私の花菖蒲の師である花菖蒲師「瀧瀬健太郎氏」が去る1月16日他界いたしました。 謹んでご逝去を悼みご冥福をお祈りいたします。 先生との出会いは、2002年6月、吹上しょうぶ公園のボランティアガイドの仲間11名と、花菖蒲の育て方の教えを乞にお伺いして以来18年になります。先生の花菖蒲栽培はじめ、その生…
コメント:0

続きを読むread more

春待つ

2020年1月13日  昨日400年前からとも550年前の六斎市がその起こり言われる青梅だるま市が開催されました。春待つ人々で例年になく賑わったそうです。 今年は配偶者と娘が昨年の達磨を納め、新しい達磨を買って来てくれました。さて、眼の入れ方はどうするか話し合い、高崎方式で両目をを開け「家内安全・開運吉祥」をと両目をしっかり入れ…
コメント:0

続きを読むread more

今年もよろしく

2020年1月6日(大安) あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします。 令和最初の新年は静かに開けましたが、米国とイランの対立は、3日に報道されたソレイマ二司令官殺害で一気に悪化、世界に大きな衝撃を与えました。一日も早く収まることを願うばかりです。 私の今年の目標は、3月までに松葉杖無で外出できるこ…
コメント:0

続きを読むread more

もうクリスマス

2019年12月23日 今年一年病院生活と家でもこもりきりの生活でクリスマスを迎えてしまった。今では手術の痛みも退屈だったベットだけの生活の殆どは忘れ、来年の花菖蒲栽培や万歩会の活動を楽しみにしている。これも家族や多くの友の励ましのお蔭と感謝しています。 本当にありがとうございました。 配偶者が「やっとマンゲツロウバイの花が咲…
コメント:0

続きを読むread more

天寧寺で忘年会

2019年12月18日 師走を迎え陽だまりがことのほか恋しい季節となりました。 12月例会は、曹洞宗の古刹「天寧寺」に於いて、忘年会と令和二年以降の活動について皆様のご意見をうかがう会を行いました。 天寧寺は、平安時代、天慶年間(938~946)まで遡ります。「高峯寺」の名で平将門公が創建。後に兵火に遭い、一時廃寺となりました…
コメント:0

続きを読むread more

杣保の冬への移ろい

2019年12月9日  師走を迎えたというのに松葉杖の助けを借りないと歩けないもどかしい日が続いています。  杣保の花菖蒲園はどうなったか見たいのですが、谷戸の寒さもあって、配偶者に写真を撮ってもらう始末です。 谷戸の紅葉が11月下旬には、晩秋から初冬へと移ろい始めました。  山茶花が今年も菜園の端に去年より綺麗に…
コメント:0

続きを読むread more

新選組のふるさととござれ市

2019年11月17日  万歩会11月例会は平日開催が基本ですが、「高幡ござれ市」開催に合わせた日曜日、新選組のふるさとを散策し晩秋を楽しみました。  高幡不動尊金剛寺は、真言宗智山派の寺院で、関東三大不動の一つとに挙げられ、高幡不動尊と親しまれている。仁王門・不動堂は国の重要文化財である。新選組土方歳三の菩提寺でもある。参加…
コメント:0

続きを読むread more

早く散策を

2019年11月22日  早いもので退院してからひと月が経ちました。退院時にはひと月もあれば杖を突いて紅葉狩りができるだろうと楽しみにしていましたが、リハビリは一進一退、一日1200歩歩く内の半分片松葉歩行ができるようになりました。片松葉歩行ができなかった当初のことを思えば進歩です。 この間、11月10日には「祝賀御列の儀」のパレー…
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の杣保

2019年11月8日  退院はしたものの,松葉杖のリハビリが続き、杣保の晩秋を散策できず籠りきりの生活を余儀なくされています。  配偶者にお願いし令和元年の晩秋を撮って来て貰い、晩秋を彩る草花や冬を迎える懐かしい景色を楽しんでいます。  目に見えて進まないリハビリにもどかしさを感ずる日々です。 去年枯露柿にした渋柿は、今年は…
コメント:0

続きを読むread more

秋晴れの江戸東京建物園散策

2019年10月30日 秋晴れの少し暑い日万歩会10月例会は、小金井公園内にある「江戸東京たてもの園」で7名の参加を得て行われました。 計画では小金井公園を散策の予定でしたが、由緒ある30棟もの建物を見るだけで十分だった。 今住んでいる八王子や青梅・昭島の建物もあり、懐かしさを感じながら見ることが出来ました。 花小金井で集合…
コメント:1

続きを読むread more

小さな友が退院のお祝いに

2019年10月30日  退院して半月、去年まで畑で野菜を作って遊んだ小さな友達が、お母さんと退院のお祝いに来てくれました。  9ヶ月ぶりに会った幼い友は、話が上手になり自己主張もし、いろいろな話をしてくれました。 友との語らいは治療への新たな力を与えてくれ、又、野菜を作って遊びが出来ればと思いながら、楽しいひと時を過ごし…
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ冬だというのに

2019年10月27日 台風、大雨の被害に遭われた皆様に心からお詫び申し上げます。 久しぶりに晩秋の日差しが我が家に長く差し込んで、9ヶ月ぶりの日向ぼっこを楽しみました。 退院後は、外を歩けず狭い家の中でのリハビリの毎日です。 「キバナノツキヌキホトトギス」 リハビリは午前・午後とも松葉杖と杖で400歩歩くのですが、200歩く…
コメント:0

続きを読むread more

ようやく退院

1月22日骨折のための入院に際しましては、過分なお心使いを頂きありがとうございました。お陰様で約9ケ月に及ぶ入院生活を経て、ようやく骨はくっつき10月15日退院の運びとなりました。 現状は、歩行ができる状態には程遠い状態ですが、週一回の通院・リハビリと家でのリハビリで完治を目指すこととなりました。 金モクセイの咲く季節なんですね。 …
コメント:0

続きを読むread more

退院への歩み

2019年9月23日 早いもので1月22日骨折し入院して8ケ月、多くの皆様の励ましのお蔭でようやく退院へ向けて、一歩一歩・歩んでおります。その間セカンドオピニオンも検討しましたが不調に終わった。8月8日主治医と「とにかく歩ければ良し」とし「フェニックス・アンクルネイル」法により5回目の手術を行い,現在10月中旬退院を目指しリハビリ中です…
コメント:0

続きを読むread more

暑中お見舞い申し上げます

2019年8月5日 7月29日、昨年より30日遅い梅雨明けを待っていたかのように8月に入るとここ青梅は、連日の猛暑日が続いています。 8日に再手術を控え昨日から外泊し孫達と遊んでいます。 配偶者が手入れしてくれたお蔭で、夏に良く似合う山野草が出迎えてくれました。 我が家にレンゲショウマは咲き始めました。御嶽山もレンゲショ…
コメント:0

続きを読むread more